Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Nara Printing
うちのネコ紹介
投票っ!
blogram投票ボタン にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
膝蓋骨脱臼について
0
    おととい、ロシアンブルー幸村とおなじ病気のネコちゃんの飼い主さんから
    コメントをいただきました。

    膝蓋骨脱臼の、イヌにはポピュラーな病気なのですが、
    ネコには珍しい病気です。

    幸村が「膝蓋骨脱臼」だということは、
    すぐにはわかりませんでした。

    ある日突然足がつけなくなり、
    病院に行きましたが、「わからない」と言われてしまいました。
    それから、自分で調べて、YOUTUBEで、同じ歩き方のネコを見て、
    ようやく「膝蓋骨脱臼」だと気づき、形成外科に力を入れている病院を探して、
    幸村を連れて行きました。
    そして症状が重い事から、手術をする事になりました。

    先天性のものだとは言われましたが、もっと早く気づいていれば、
    手術しなくても良かったのかも知れません。

    過去の写真を改めて見返してみると、
    病院へ行くずっと前から、膝の調子が悪かった事が伺える写真がありました。

     20110912_1.JPG
    まずは1枚目。
    うちに来て4日目の写真です。
    細い………
    じゃなくて、注目して欲しいのは、この座り方、「おすわり」ポーズです。
    普通に座れていますよね。


    20110912_2.JPG
    2枚目。
    病院に行ったのが9月なので、これは発覚4ヶ月前の写真です。
    右足が、もうすでに曲げられなくなっています。
    このデブずわり……のような体勢は、膝の不調から来ていたんですね。
    人間で言うと、「おすわり」は「正座」のようなポーズです。
    膝が悪い人には辛いポーズですよね。


    20110912_3.JPG
    3枚目。
    病院に行った後、手術を受ける前の写真です。
    もう完全にちゃんと座れなくなっています。
    ものすごく痛がって、ひょこひょこ歩いていたので病院に連れて行ったのですが、
    その時には、完全に膝の皿が外れて、1歩歩くごとにカクカク皿が動いてしまう状態で、
    足を極力つかないで歩いていました。


    20110912_5.JPG
    4枚目。つい最近の写真です。
    いつもではありませんが、調子の良い時は、ちゃんと「おすわり」できるようになっています。

    調子の悪い日は、変な風に座っている事もありますが、
    まあまあネコのように座れるようになりました。

    ネコにはめったにない病気なのですが、
    「おすわり」が出来なくなったりしたら、
    気をつけて見てあげた方がいいかもしれません。


    余談ですが、動物病院にも得手不得手があるようです。
    人間の病院みたいに、診療科目が分かれていないので、
    当然といえば当然なのかもしれません。

    以前左馬介が、「ゲッゲッ」といって止まらないので、
    インターネットで調べたら、「吐きそう」なのではなく、「せき」なのだとわかりました。
    よだれが出るか出ないかの違いくらいしかないようです。
    その時は「せき」だと分かったので、獣医さんに伝え、「気管支炎」と分かったのですが、
    「吐きそう」と伝えていれば、正しい診断はしてもらえなかったかも知れません。

    動物は話せないので、人間がちゃんと観察して、症状を伝える事が大切です。
    自信がなければ「ビデオ」に撮って持って行くのもいいかもしれません。

    なんだか研究発表みたいな堅い文章になってしまいました
    すいません。

    posted by: ioricat | | 20:20 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    幸村くんが病気だったことを知りませんでした。今は、ちゃんと座れるようになって、何よりです。
    パリスも左馬介くんと同じように喘息のように苦しそうになることがあるので、ひどくなったら病院で見てもらったほうがいいですね。
    | わいず☆ | 2011/09/13 4:38 PM |
    ■わいず☆さん■
    コメントありがとうございます。
    今は左足がグレード2ですが、今のところ手術はしなくて良さそうです。
    幸村はちゃんと元気です♪

    ネコにも喘息、あるみたいですね。
    パリスくんも、心配ですね。
    自分が病気になるより、ネコが病気になる方がつらいですよね。
    あまりひどくなるなら獣医さんに見せた方がいいのかも知れませんね。
    ゲッゲッとしたあとに、床が濡れていれば吐き気、濡れていなければ咳、らしいですよ。
    | ioricat | 2011/09/13 7:08 PM |
    座り方が違うくらいではなかなか気付きませんよね。
    「うちのコ変わった座り方するの♪」と
    話のネタにはなるでしょうけど。
    でも酷くならなくて良かったです。
    今回の記事はすごく参考になりました。
    うちでは、たまに相方が
    健康チェックと称して
    全身をベタベタと触りまくります。
    腕・脚・しっぽや耳までまんべんなく。
    やっぱり健康チェックは必要ですね。
    | ひなた | 2011/09/15 11:28 AM |
    ■ひなたさん■
    コメントありがとうございます。
    今は幸村も元気です♪
    健康チェックは必要ですよね。
    ベタベタさわりまくった方が、ちょっとした異変に気づきやすい……かもしれません。
    具合悪いときは触られるの嫌がったりしますしね。
    私も早速ベタベタしてみます♪
    | ioricat | 2011/09/15 6:40 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://nyanyalog.narapri.com/trackback/70
    トラックバック